ADHD 注意欠陥・多動性症

本レビュー・感想

「発達障害を脳科学ではどう考えるか?」から発達障害を考えてみる

この記事は、2011年9月の掲載記事「発達障害を脳科学ではどう考えるか?」を引用し、2012年当時の感想を2023年に加筆、修正しています。(引用記事は、2014年書籍「脳科学者・茂木健一郎の人生相談」に収録) 発達障害・みんな違ってみんな...
お金・くらし

ASD・ADHD、働く知的障害のある人のお金管理9選!

ASD、ADHD、働く知的障害のある人のお金管理9選をアップしました。ライフハックから制度まで、幅広くピックアップ。大人の発達障害当事者、働く知的障害のある人のお金管理についてお役立てください。
健康管理(ヘルスケア)

ASD・ADHDの不調をアロマテラピーで整える

オレンジやレモンなどのフレッシュな香りで、気分が晴れやかになったことはありませんか? この記事では、アロマオイルをどのような場面で使ってきたのか?など、アロマテラピーで情緒を整えてきた活動などをお伝えしたいと思います。 アロマテラピーで出来...
お金・くらし

【8050問題】知的障害、発達障害のある人の8050問題と高齢化

知的障害、発達障害のある人の8050問題、高齢化について、又村あおいさん(全国手をつなぐ育成会連合会常務理事兼事務局長)の動画セミナーから、分かっていることをまとめました。 今、確認していることについて、出来ることから始めましょう。 ■参考...
本レビュー・感想

生きづらさを抱える人にオススメ!「愛着障害は治りますか?」【レビュー】

愛着障害はなおりますか?著者:愛甲修子 完璧な脳を持って生まれてくる人もいなければ、完璧な家庭に生まれてくる人もいません。 自分の抱える「愛着の不全感」に決着をつけ、自分らしさを発見し、磨き、苦しみの連鎖を断ち切ることです。 愛着障害は治り...
健康管理(ヘルスケア)

神経発達症(発達障害)になって変わったこと

2022年から、発達障害は「神経発達症」という名称に変更しました。 この記事は、神経発達症は、神経に着目するといいかも?というテーマで考えてみました。 発達障害は「神経発達症」になった ものすごくザックリですが、神経発達症の名称変更までの流...
健康管理(ヘルスケア)

ASDの怒りに代替え療法を試してみる

思春期以降の課題については、どの親御さんも手を焼いています。「終わらない思春期の発達課題」に振り回されている親御さんも多いのです。 そこで、これまで親の会で有効だった方法をお伝えします。 思春期以降の発達課題に悩まれている皆さん、ぜひ一度お...
本レビュー・感想

発達凸凹の人も今日からできる!脳みそラクラクセラピー【レビュー】

発達障害があるということは、親からの愛情がしっかり注がれていても愛着形成の遅れが生じやすいということです。 脳みそラクラクセラピー/著・愛甲修子 本の帯には「発達援助」という視点や、「発達凸凹の人たちが健康な生活を送るため今日からでもできる...
本レビュー・感想

ASDの無意識を育てる?「人間脳を育てる」【レビュー】

人間の感覚には意識的感覚と無意識的感覚の二つがあります。(割愛)特に無意識的感覚が統合されていない(過敏、鈍麻)と身体のコントロールが難しかったり、動かし方がつかめていなかったりします。 人間脳を育てる/著・灰谷 孝P93 人間脳を育てる/...
本レビュー・感想

【ASD・ADHD本レビュー】発達障害は治りますか?

医学というのは、病んでいる人が自分で治療できないといかんのじゃないのか。 みんな自分で勉強すればいいんだよ。それで試してみればいい。 発達障害は治りますか?/神田橋條治 発達障害者は発達します 発達障害は治りますか?/神田橋條治 発達障害は...
スポンサーリンク