知的障害のある人のお金の学び・情報3選!

知的障害者のお金学び
スポンサーリンク

軽度知的障害のある人のお金管理は、働き始めてから現実的な課題にぶつかるご家庭がほとんどだと思います。

また、ASD、ADHDなどの神経発達症(発達障害)の方も消費者トラブルを抱えてしまいがちです。

この記事では、自宅でも取り組みやすいお金管理を学ぶサイト、お金管理の情報を合わせて3選ご紹介致します。

お金管理の入り口としてお役立てください。

おさるくん
おさるくん

お金のやりくりまとめ記事はこちらです



スポンサーリンク

消費者庁のお金の上手なやりくり

消費者庁のお金の上手なやりくりには、やりくりの方法が分りやすく載っています。

「お金のやりくりとは」で検索をかけると、PDFタイプで出てきますので、ダウンロードしてお使い下さい。まずはレッツトライ!

お金の上手なやりくり
お金のやりくり

詐欺に気をつけよう動画はオススメ!ゆりやんレトリィバァのラップ動画です。

ゆりやんレトリィバァのラップ動画 詐欺被害ーお金と契約と友達とー

おたふくけんの働く軽度の知的障害者の金銭管理

消費者トラブルを未然に防ぐ、相談することを育むなど実用的なのが、おたふくけん上手に使って豊かな暮らし(働く軽度の知的障害者の金銭管理をサポートするために)。

多重債務者問題からみた社会福祉のあり方研究会(おたふくけん)です。

消費トラブルを未然に防ぐというと、親、支援者は「お金を持たせない」を選んでしまいがち。いや、それ以外の解決方法を知りません。

しかし、大多数は消費トラブルが深刻化してから発覚しています。

では、どうして彼(彼女)たちは相談しないのでしょう?

叱られるから。

叱られるのがもう嫌だから。

…なのだそう。

実は、あまりにもトラブルが深刻化してから発覚するので、某特別支援学校でも「困ったら相談しましょう」キャンペーンやってました。効果は上がったのか?どうなのか?も。そろそろ分析して欲しいところですが。

では、トラブルに遭っても「隠さなくていい」ことを伝えてゆくと、どうなると思いますか?

このような視点で解決を図れると深刻化しないへシフトできそうですよね?

トラブルに遭っても「隠さなくていい」ことを伝える相談することを育む

おたふくけん

http://otafukuken.org/jyouzunitukaateyutakanakurashi3.pdf

お金のやりくりトライ編です。
こんなことをやってみましたよ~♬


社会福祉協議会の日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業という国の事業があります。

障害のある人が日常生活を安心して送ることができるよう、市町村の社会福祉協議会に配置されています。お住いの社会福祉協議会にお問い合わせください。

ドコモ・プラスハーティーの動画が分かりやすいのでご紹介します。

日常生活自立支援事業とは、ある程度の判断力がある障がいのある人や認知症となった高齢者が、自分1人でお金を管理したり福祉サービスを契約したりすることに不安を感じるとき、自立した生活が送れるようにサポートする国の事業です。

軽度知的障害のある人のお金の学び・情報3選!いかがでしたか~?
皆さんのご家庭でこんな方法もオススメ!という方法がありましたらぜひ、お知らせください。

おさるくん
おさるくん

お金のやりくりとは?はコチラからですよ~♬