発達障害の薬は対症療法でしかないことを知る

発達障害 薬
スポンサーリンク

ここ最近、発達障害の薬について情報が出始めましたね~。

私が親の会を作った理由の1つに、薬を用いないで発達障害のある子を育る為の情報を収集したい、共有したいという思いがありました。

そして薬は、対症療法でしかない事を共有しながら薬をなるべく使わない活動を進めてきました。

すでにお子さんが薬を服用しているという親御さんたちへは、私の薬処方による苦い経験をお話ししながら、あくまで我が家の場合どうしているか?をお伝えしてきました。

薬を処方するのは医師ですが、それを決めているのは親御さんです。

私は、医師を信頼して処方してもらった薬に疑いの余地はありませんでしたが、一方で薬による副作用があった時の責任は親だということを深く理解していなかったように思えます。

なかなか周囲との認識の差が縮まらないままでしたが、薬に対する意識はそれでいいんだ、、、と思えるような本がすでに出版されていたことを親の会設立から数年後に知りました。

その情報は、とても大きかったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

発達障害は治りますか? [ 神田橋條治 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2022/8/2時点)


読んだときの爽快感!!!

本当にスッキリしました。

最近、発達リタリコナビでも薬は対症療法だということをしっかり明記されて情報提供されていますよね。とても喜ばしいことです。

どういう時に薬を処方するのか。

親も予備知識を持ち、情報を共有してゆきたいですね。

支援者側は、親御さんたちに情報提供してほしいです。