【性教育】知って!学んで!知的障害のある人と性教育

スポンサーリンク

知的障害のある人(子)の性教育については、未だに本人の理解度を確認できないままでいます。

この記事では、2021年7月開催のLITALICOオンラインサマーフェスタから、知的障害のある人の性教育の背景、課題についてお伝えします。

スポンサーリンク

七生養護学校事件と累犯障害者から性教育を知る

2021年7月、アーカイブ配信された性教育オンランセミナーをご覧になりましたか?
(※期間限定の為、現在はご覧いただけません)

ぜんち共済 ~ 【YouTube動画】性教育に関するお悩みは、まず情報を共有するところから始めよう ~ 7/18 LITALICOオンラインサマーフェスタにて開催しました、ぜんち共済「企業コラボセミナー」がYouTube上で公開されました。 性教育の問題は非常に難しく、各家庭のご事情ごとに正解はまったく異なると思います。しかし、少しでも悩まれている方への判断材料、情報提供になれば幸いです。ぜひご覧ください。

【講師】斎藤利之(一般社団法人全日本知的障がい者スポーツ協会 会長/公益社団法人日本発達障害連盟 理事 保護司)

ぜんち共済

斎藤利之さん講師の性教育セミナー。
これまで参加した性教育セミナーの中で、情報配分も内容も一番良かったです。特に、2003年の七生養護学校事件(旧:都立七生養護学校)と累犯障害者(累犯障害者/著:山本譲司)から引用された内容を扱ったことで、これから性教育を始める親御さんにとっても、リアルタイムでその時代を見てきた親御さんにとっても、障がいのある人(子)の性教育の在り方、ヒントを得られたのではないでしょうか~?

七生養護学校事件から何を学んだ?

七生養護学校事件は2003年、特別支援学校(旧・養護学校)の性教育の授業内容が不適切であるとの理由で、当時の校長や教員たちが厳重注意処分を受けた事件です。2005年には国会を巻き込んだ騒動となり、2009年には裁判にまで発展しています。

当時、国会でのやり取りが話題となりました。TVでは、国会の場での赤裸々なグッズ、描写に戸惑った方が大勢いらしたと聞いています。ただ、令和になった現在では、知的障がいのある人への理解や課題が共有されるにつれ教材に異論を抱く方はほぼいません。

この事件を振り返ってみると、その部分だけを切り取った情報が一人歩きして議員たちが国会を巻き込んだだけという印象です。実際、一番大事な部分(知的障がいのある人(子)の性教育課題)は、20年近くたった今も置き去りですから。

また、2018年にも七生養護学校事件に関わった都議が、性教育について問題視したと朝日デジタルに記事掲載されていました。

それを受け、ライター小川たまかさんが記事を書いています。

七生養護学校事件を振り返りつつ「(日本の)刑法では、13歳は性交の意味を理解でき、性行為の同意について責任を課される年齢と示されている一方で、義務教育で性交を教えることは「まだ早い」と言われる。これは矛盾なのではないだろうか。記事引用)」と綴っています。

障がいのある人(子)の性教育に関しては、現実味を帯びていない課題が山積しています。日本の教育全体としてもまだまだなのかもしれません。

受刑者の4分の1が知的障がい者!?出所後一年未満に7割が再犯(累犯障害者)

累犯障害者という本は、山本譲司さんによるノンフィクション作品。累犯障害者とは、犯罪を繰り返す障害者のことです。今回の性教育セミナーでは、売春を繰り返す知的障がいのある女性を取り上げていました。

累犯障害者 目次
序章 安住の地は刑務所だった―下関駅放火事件
第1章 レッサーパンダ帽の男―浅草・女子短大生刺殺事件
第2章 障害者を食い物にする人々―宇都宮・誤認逮捕事件
第3章 生きがいはセックス―売春する知的障害女性たち
第4章 ある知的障害女性の青春―障害者を利用する偽装結婚の実態
第5章 多重人格という檻―性的虐待が生む情緒障害者たち
第6章 閉鎖社会の犯罪―浜松・ろうあ者不倫殺人事件
第7章 ろうあ者暴力団―「仲間」を狙いうちする障害者たち
終章 行き着く先はどこに―福祉・刑務所・裁判所の問題点

累犯障害者/著:山本譲司

障がいのある人が被害者になりやすいという認識は、大多数の保護者が共有している事だと思いますが、加害者にもなるという認識は欠如していないでしょうか?

累犯障害者という本には、軽度知的障がいのある女性が性産業に取り込まれている事実、そして特別支援学校卒業後に福祉に繋がっていない知的障がい者が何度も犯罪を繰り返す累犯障害者になっている事実が書かれています。また、村木厚子さんの「共生社会を創る愛の基金」では、刑務所にいる受刑者の4分の1が知的障がい者(疑いも含む)というデータにおいて、出所後一年未満に7割が再犯という事実も明らかにされています。知的障がいのある人への更生教育が難しいこと、支援が遅れている現実を、先ずは私たち保護者が知っていく事が大切です。

特別支援学校先生方の性教育意識調査を知る

斎藤利之さんが、2020年に東京、名古屋、大阪の特別支援学校の先生方145名を対象とした調査がデータ化されました。今回、セミナーの中でも取り上げ仮説を立てて説明していました。

その中で最も気になったのは性教育指導の困難さです。これまで一律同じように進められてきた性教育ですが、本人の理解度によって個人差があることが分かります。これは、思春期以降の知的障がいのある人の課題としてあがってくる、就労、生活と同じではないでしょうか。

どのように理解してもらうか?は、結局のところ個々の成長に合わせて行ってゆくしかありません。その為には、家庭でも模索を続け、工夫してゆくことが大切なのかもしれませんね。

どのような事が性教育指導を行う際に困難に感じますか(複数回答)?
① 本人の理解度(122名)
② 成長の違い(85名)
③ 家族状況(46名)
④ 教科書の有無(38名)

特別支援学校の先生の性教育に関する意識とは?/ぜんち共済㈱

七生養護学校事件も累犯障害者の本も、知的障がいのある人の性教育を知る上でとても重要なポイントを押さえていると思います。性犯罪に巻き込まれない為にどう防ぐのか?これまでの課題をそのままにせず、知的障がいのある人の性教育について保護者も一緒に考えて頂きたいです。

性教育に関する参考動画をご紹介

斎藤利之さんが、セミナー終盤で性教育に関する参考動画を紹介していました。また、ライター小川たまかさんの記事にあった Consent for kids (日本語版) もすごく良かったので合わせてご紹介します。

Consent for kids (日本語版) 動画2分43秒

Consent for kids (日本語版)です。語りかけるこどものナレーションがやさしいです。「君の体をどうするかは君が決める」という言葉をみなさんに語りかけます。

【性教育YouTuber】シオリーヌ  動画7分20秒

性教育YouTuberで助産師のシオリーヌさん。今回は「小学生におススメ性教育漫画(7分20秒)」をご紹介します。シオリーヌさんの動画は小学生、中学生、高校生と動画によっていろいろ出てきますので使い分けてみて下さい。ぜひ検索してくださいね。

SHELLYのお風呂場  動画8分49秒

SHELLYさんが、性教育チャンネルを始めました。今回は、タイトルの「 SHELLY のお風呂場(8:49)」について語った動画をご紹介します。こちらもぜひ覗いてみてください。

Consent – it’s simple as tea(日本語版)動画2分50秒

Consent – it’s simple as tea(日本語版) です。一番最初にご紹介した動画と同じくやさしい言葉で語りかけています。「性同意」を紅茶を使って分かりやすく説明しています。お子さんの性教育にお役立てください。

知的障がいのある人(子)の性教育は家庭でもトライしてみる!

令和になった現代は、たくさんの性教育動画が配信されています。(いい時代になりました)しかし、教育現場では知的障がいのある人への性教育指導の困難さに理解度があげられていました。やはりデリケートな課題は、個々で臨むのが一番良いのかもしれません。

そこで提案です。性教育を家庭でも積極的に取り組んでみて下さい。先ずは動画を一緒に見るのもオススメです。就労や勉強と同じく、性教育はとても大切な教育だと思います。そして子どもへの性教育の理解度を上手く導けた、伝わった経験がある保護者の皆さん、ぜひチャレサポ沖縄に教えてください。皆さんの情報を共有できるといいな、と思っています。お待ちしています!