【性教育】人気コミックから学ぶ性教育

スポンサーリンク

知的障害のある女児、女性が性犯罪に巻き込まれる事件が後を絶ちません。

この記事では、元警察官のマンガ家、泰 三子さんの視点で描かれた「ハコヅメ」から、性犯罪についてお伝えします。知的障害のある人(子)に引き寄せて犯罪予防にお役立て下さい。

スポンサーリンク

身近な犯罪・トラブルを学べるコミックマンガ

大人気コミック『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』は、元警察官のマンガ家、泰 三子さんの作品です。性犯罪・窃盗・交通法違反等の事件、トラブルを交番のおまわりさん視点で描かれているので、違った角度でその背景を知ることができます。今回は、下着ドロボウ、痴漢、わいせつ行為、児童ポルノなどの性犯罪に絡んだ性教育に焦点をあてました。

偏った性知識を教えない

ハコヅメでハッとさせられた名ゼリフがありましたのでご紹介します。

おさるくん
おさるくん

AV(アダルトビデオ)はプロがプロを撮ったエンターテイメント作品。大人に現実を忘れさせてくれるものであって子どもに現実を教えるためのものじゃない ( ハコヅメ ~交番女子の逆襲~ )

本質ついていると思いませんかー?

そうなんですよね。実は分かっているようで分かっていないのがAV(アダルトビデオ)。具体的な位置づけを知らない、或いは考えたことがない大人は多いんじゃないでしょうか?

実は性犯罪の背景に、加害者の偏った性知識や間違った性知識があげられています。その入り口は、AV(アダルトビデオ)です。一方的な偏った性知識は被害者の人生を傷つけ奪います。それは絶対に許されることではありません。なので、AV(アダルトビデオ)は、プロがプロを撮ったエンターテーメントであることをおさえ、性教育に取り組むと良いでしょう。

性教育は知ることから始まる

性教育については、障害のある子へどう伝えるか?保護者の間でも、とても大きな課題としてあげられています。基本は誤ったメッセージを子どもに伝えないこと。偏った性知識を子どもに教えないことですが、性教育を行う(教える)側が、性犯罪をどう捉えているのか?の視点が、実はとても大事なのでは?と思っています。

それは、性犯罪の被害者にも原因があるかのような言葉で、性教育現場で間違った伝わり方をしていることもあったからです。

実際、女性が性被害に遭(あ)った時、「短いスカートをはいているから、肌を露出しているから…」と(親など)身近な人から責められる事があります。しかし、犯罪はいうまでもなく加害者が悪いに決まっています。コミックマンガ「ハコヅメ」でも、性被害に遭った娘を責める母親の姿を通して、警察官がセリフを通じて読者へ訴えかけるシーンがあります。

性教育を行う側が性犯罪をどう捉えているのか?は、とても重要だと感じずにはいられません。

おさるくん
おさるくん

なぜか性的な犯罪だけ、被害者に原因を求める人が少なくないんですけど
犯罪は犯した人間が悪いんです。
(ハコヅメ9巻80話)

「肌の露出を控える」は防犯対策のひとつかもしれませんが
そうしなかったことで、被害に遭った人を責める理由にはなりませんよ

(ハコヅメ9巻80話)

そして現代は、SNSを入り口とした性被害が多発しています。中・高校生だけでなく小学生の被害も拡大しています。学業と同等に性教育を家庭で行うことが大事です。暗い夜道の一人歩きや歩きスマホなど、注意を払っても払いすぎることはありませんので、お子さんと話し合う機会を増やすと良いですね。※上記参考リンクはSNSによる性被害データですのでご確認下さい。

また、これらの情報は性犯罪を知る、性教育を知ることから全て始まります。チャレサポ沖縄でも性教育セミナー(2021年オンラインフェスタ)での情報を記事にしていますので、こちらの内容もあわせてお読みください。