寄宿舎の先生たちの思い

アフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

スポンサーリンク

娘が卒業した学校は、就労を目的とする寄宿舎付きの高等特別支援学校です。

卒業式の日、寄宿舎の先生方から卒業生に渡されたのが、先生たちが作った「お助けノート」でした。

このノートには、相談できる窓口や緊急時の連絡先などがわかりやすくまとめられていました。

寄宿舎で一緒に過ごした先生方が、社会で働く娘たちを心から応援してくれていることが伝わってきます。

※画像をクリックすると拡大します。

お助けノート
お助けノート2

このノートをFacebookに投稿したら、同じ学校の先輩卒業生たちからコメントがたくさん届きました。

「お助けノート」は毎年作られているものだということや、カード型だったりA4サイズのブックだったりと、形や内容がちょっとずつ違っていたことを教えてくれました。

先生方がその時々に合わせて工夫してくれていたんですね。

知的障害のある娘たちが働く社会には、様々な問題や困難に直面することもあるでしょう。

そんなときに役立つノートを作ってくれた先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。