決めると潔い発達凸凹女子

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ASD脳は、電気がパッとつくみたいに接続!

依存になりやすい、ハマりやすいといわれる自閉症スペクトラムなどの発達凸凹の人たち。

確かにハマりやすいですけど半面、スッパっと潔いですよね(笑)

花風社本の発達障害は治りますか?で、依存からの脱却で別の生き物になったという発達凸凹の人の話しが出てきます。

その箇所を読みながら「うん、うん、あるあるっ!」と思いっきりうなずきました。

意外と見落としがちですが、自閉症スペクトラムの人は潔く未練がない人たちです。

何度か娘のそのような場面を見て、私は知ってます。

それは「どうやって理解させましたか?納得させましたか?」というようなことです。でも、私が納得させたわけじゃない(笑)

はっきり分かっているのは、娘は「自分で決断できる」と振り返らないというか、冷たいというか…。

ズルズル引きずられない強さは、私なんかよりもあります。未練がない(笑)

それについて、臨床心理士愛甲さんは、余計な感情がはさまらない。しがらみがないといっています。

神田橋先生は、脳のいろんなところが成長してぴゅっと接続したんじゃ?電気がつくみたいにと。

ああ、なるほど!自分で決めるなんですね、

やっぱり。ここがキーワードだ。

自閉症スペクトラムの人の律儀さ、生真面目さを取りあげたエピソードをよく聞きますが、それも自分の中で納得しているからですよね?

言葉を字義通りに受け取って…という使われ方もしますけど、それはロボットのような機械的な感じじゃない。どちらかといえば腑に落ちているから、とことん!って感じです。

なら、、、ならですよ?
困った行動に歯止めをかける、辞めさせるにもそれは使えそうじゃないですか~?

決めたら気持ちいいほどあっさりしてたASD女子

以前、娘に

「なんで急に分かったの?これまで何度言ってもダメだったのに…」と尋ねると

「えーーー。なんかね、お母さんが言ってたことが、ああ、、って急に分かって。。。。そしたらできるようになった」と。

答えが漠然としてますが(笑)

これが本の中で語られていた電気がついたように、脳のシナプスが接続したという部分じゃないでしょうか。ある時、急に理解できる。

本の中では、自閉症当事者の藤家さんが気付くという表現をしてます。

気付く…それ、私にも日常でよく起こりますよ(笑)

気付けると「ああ、、っ」となる。

それは意外と日常でよく体験していることなんですよね。

発達凸凹の人も脳のシナプスが接続するとビッカーンって電気がついて、分かる!(気付く)ってなる。

そしてこれの繰り返しが「発達障害も発達する」になるのだなーと思いました。

そして、発達凸凹の人はピッカーンってなると健常の人よりもこだわりを捨てられ潔い。

最強ですよね!!笑

脳は生きている限り発達する

思い出したのは、脳科学者の中野信子さんが話してた脳は大人になっても発達する、生きている限り発達するという言葉。

既に脳科学者たちは、脳についてそのような見解をもっている…ということです。なのにどうして発達障害の診断をする医師は脳機能障害といい、治らないと言えてしまうんでしょう?とても不思議。

発達障害も発達する。神田橋先生がおっしゃる通りです。