沖縄の発達凸凹っ子は、栄養面もチェックしよう。

アフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

スポンサーリンク
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おはようございます。
先日、テレビドラマ「キッチン革命」を見ました。

戦前から戦後の日本で「食の革命」に挑んだ、実在した2人の女性のストーリーです。

特に、「栄養学」について研究した横田綾子の物語は、発達凸凹っ子の栄養についても考えさせられました。

そして以前、このような記事もアップしています。

今日は、家庭での食と栄養素について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

タンパク質を意識するようになった理由

きっかけは、実家母の認知症、発達凸凹っ子の脳、そして私自身の更年期。「神経伝達物質」というワードにたどり着いた時、栄養素について熱心に学ぶようになりました。

そして脳にとって必要な栄養素、タンパク質を意識して取るようになりました。

脳では絶えず情報の伝達が行われており、神経伝達物質がこれを担っています。なかでも記憶、情動、気分に関与する神経伝達物質は必須アミノ酸を材料に体内で作られます。からだは必須アミノ酸を作り出すことができないので、食事からのたんぱく質が必要なのです3)。たとえばセロトニンという神経伝達物質は精神を安定させる働きがあります2)

ネスレアミューズ

例えば卵。今は価格が高騰して手が出せないご家庭もあると思いますが、他の食品より使い勝手が良いし栄養価も高いので我が家では外せません。

うちなー汁は健康の源

そして、鶏もも、ささみ、豚肉なども、タンパク質の上位食材に上がっています。

そこで思ったんですが、うちなー汁って栄養価が高いな~と。

ヤギ汁、ソーキ汁、鶏汁、みそ汁など最強じゃありません?

特に、沖縄はみそ汁の具に、豚肉(レバー、赤肉)、缶詰ポーク、豆腐、卵、葉野菜などをいれますし、昔から家庭料理として根付いているので、定番のご家庭も多いと思います。

我が家も例外なく昔馴染みの、みそ汁が定番。

疲れたら、長ねぎと骨付き鶏のスープで調子を整えたりしてますよ~。

汁もの最強です!!

普段から、家庭料理の中で子どもたちの脳や身体が作られることを意識できれば、巡り巡って自身の心身にも影響してくるな~と実感する毎日です。